記事一覧

飛騨高山③

ファイル 645-1.jpgファイル 645-2.jpgファイル 645-3.jpgファイル 645-4.jpgファイル 645-5.jpg

Day 3rd
宿泊した宝生閣の番頭さんの勧めで合掌造りの集落へ。ここはそのまま移築された本物の合掌造りの家屋が集まる。番頭さん曰く、「白川郷より、より本物」とふる里を自慢げに語られていたことを思い出す。ここもまた人はまばらであった。高山の旅館は集中豪雨の災害の後約9割のキャンセルが続いているとのこと。タクシードライバーも「電車が止まったのが一番堪える。名古屋方面は早めに動くようになると思うけど、前もあったが、富山からの線路の復旧は3年位かかるんじゃないかな」と赤字路線ゆえの遅れを嘆かれていた。10月の高山祭、遅くとも屋根に雪をまとう頃には普段の高山に戻ってほしいものだ。