記事一覧

壽春

ファイル 562-1.jpg

あっという間に申(猿)から酉(鳥)へ。昨年は明藤書道会創立20周年記念書展を多くの方々に支えられて開催できた。本当に思い出に残る書展だった。あわせて昨年は指導する明石USA書道教室も開校25周年を迎えた。毎年行われる11月の玄和全国競書大会においては、小学1年から高校3年までの学年別に置いて7学年で最優秀賞(学年トップ)を受賞した。そろそろ多くのメダルが太平洋を渡るころだ。
我々が追及する「伝統文化」は一日ではならず、多くの時間と膨大な努力によってのみ維持されている。まして進化を求めるようとするならば命を懸ける覚悟がいる。今年はいよいよ渡米26年目に入った。引き続き前進できるよう努力したい。この地で一人でも多くの人に書筆を持ってもらいそこから笑顔を引き出したいものである。