記事一覧

SEDONA

ファイル 471-1.jpgファイル 471-2.jpgファイル 471-3.jpgファイル 471-4.jpgファイル 471-5.jpg

高校3年生の息子の希望で年末の旅行はラスベガス、グランドキャニオン、セドナと決まった。夏に同じようなコースを家人と回ったが、今回の旅の目的地は前回行かなかったセドナである。いま日本で話題のパワースポットとやらで有名な場所である。せめて少しでもご利益があればとすがる思いで行ってきた。レンタカーを借りてラスベガスを出発したのが朝の7時。アリゾナ州に入ると1時間の時差が発生し、すべての時計を1時間進めた。サマータイムを適用していないアリゾナ州、よって夏の間は太平洋標準時間と同じなのだが今回は違った。なんだか1時間損をしたような感じがした。
息子にとっては初めて見るグランドキャニオン。突然見えてきた景色に感慨無量の様子だった。夕焼けを待たずにセドナへ向かうも途中で日没。周りが真っ暗な中、ただひたすら走り午後8時ホテルに到着。この何も見えない中走ってきたのがよかったようだ。翌朝、私は一人まだ暗いうちに出かけたのだが、家人や息子が言うに、朝起きてカーテンを開けたときの感動は言葉が出ないくらいだったという。自然の美って凄いなとつくづく思えた瞬間だったらしい。勿論私もそう思いましたぞ。これからの私の書に何らかの影響が表れること間違いなし。冬場の暑くない時期がおすすめです。

朝日に染まるBell Rockを撮影していると自転車で旅をしている青年と出会った。話を聞いてみるとフェニックスから北へ走ってグランドキャニオンを目指しているそうな。私が昨日行ったことを話すとこれから寒くなる予報をテレビで聞き不安気である。寒波が来るという中、なんせ自転車で行くというのだから聞いたこっちも心配になった。よくよく聞くと私たちと同じシアトルから来たと言うではないか。うーん、今頃どうしているのだろう。