記事一覧

「技」

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpg

ユナイテッド航空の機内誌「HEMISPHERS」に全日空の広告が載っている。タイトルは「The ART of ARRIVAL」ずばり「おもてなし」。爽やかに飛行機から降り立つ女性が気持ちいいほどのフラッシュに囲まれている姿がそこにあった。特にアメリカの飛行機会社のサービスは言うまでも無く寂しい限りであるが、かといって過剰なおもてなしにわずらわしさを感じることもある。さりげない心遣いが一番のおもてなしであると思う。書においても同様、あまりにも肩がこるような作品は見ていて疲れてしまう。ここで肩がこるような作品とは「技」が勝ちすぎていて作者の心が見えてこない作品を指す。明石春浦先生の書にはまずやさしさがあった。見るものに安心を与え惹きつけるやさしさがあった。そして最初の一字に目を向けた途端、待っていましたとばかり技の魔術に引き込んでいく。さりげない連綿に隠された文字の流れの巧みさは天下一品である。もうじきその師と壁面を共有できる展示会がやってくる。いいかげん作品作りの用意をしなくては間に合わぬ。写真はPortland遍照寺の杏の古木より。