記事一覧

字書き屋

ファイル 22-1.jpgファイル 22-2.jpgファイル 22-3.jpg

今日、ある方面から取材を受けた。その際「書道を教えることと作品を書くことではどちらに比重をおかれていますか」との質問。私は考えるまでも無く「両方です」と答えた。私にとって作品は全てであって全てではない。根がいい加減であるがゆえか、教えながら新しい考えや章法が浮かぶことはしょっちゅう。そして静寂が訪れる時心地良い疲労にほどよい満足感がただよう。今日も【書】が書けて良かったと師に感謝する。最近寒さが緩み一気にあちらこちらで花が咲き始めた。ファインダー越しに覗く切り取られた世界もまた真白な紙面同様『あさきゆめ』か。写真は地植えしたシクラメンとお隣のクロッカス。本日撮影。